オリジナリティーにおける注意点!

いわずと知れたことですが、名前には「個の識別」という重要な役割がありますよね。そう考えると「オリジナリティー」の重要性が高まってくるのですが、その割に実際の名前の傾向を見てみると、どうも違う方向へ向かっているようですね。たとえば、個性を意識するあまり、一度見ただけでは読めないような、凝りに凝った名前をつけてしまう人も多いんですよね。確かに個性的ではありますが、名前を使う当の本人、子供は、極端に難しい字や特殊な読みをする名前だと、自己紹介のたびにいちいち説明しなければなりません。これは当人にとっては、かなり大変なことでしょう。

kjeinbjfjjrfi.com